ホーム > よくあるご質問

カウンセラーに頼っていては、ひとりで生きていけなくなるような気がするのですが・・・

「自分が頑張れば何とかなるのではないか・・・」とカウンセリングを受けようかと迷っている人はたくさんいるように思います。でも、そんな方々は、今までを振り返ってみると、まじめで一生懸命に、人に頼らず頑張ってきたのではないかと思います。辛いときぐらい、ひとりぽっちで頑張ることを休んでみるのも良いのではないでしょうか・・・。弱音を吐いたり、泣いたりして、自分の辛い気持ちに優しくしてあげて、しばらくゆっくりと過ごすことができたら、自然にまたやっていく勇気がわいてくると考えています。

カウンセリングで健康保険は使えますか?

医療機関ではありませんので、健康保険適用の対象ではありません。

精神科を受診するか、カウンセリングを受けるか迷っているのですが・・・

何かの症状(眠れない、体の調子が悪いなど)がある場合、精神的なことが原因ではない場合もありますので、まずは、病院で診察を受ける方が良いと思います。また、不安感・緊張感などが強すぎる場合なども、まず、精神科や心療内科などの病院へ行かれた方が良いと思います。

カウンセリングで、うまく話す自信がないのですが・・・

上手に話す必要はありません。ご自分のペースで話して頂ければ良いと思います。また、例えば「原因がわからないけど、心にモヤモヤがある」のようなことがあるかもしれません。そのようなことでも大丈夫です。あらかじめ話を作っておかなくても、そのとき話したいこと、心に浮かんだこと、感じていることをお話ください。話しているうちに、ご自分の気持ちがハッキリしてくるかもしれません。

精神科や心療内科の病院とカウンセリングルームの違いは?

病院ではゆっくり話すことができないと感じることがあるかもしれませんが、カウンセリングではご予約いただいた時間(例えば60分)は相談される方がじっくりお話をして頂けます。 ※カウンセリングルームには医師はいないため、病気の診断や薬の処方はできません。通院されている方は、カウンセリングは通院と並行して受けていただくことが望ましいと思います。

カウンセリングには、何回ぐらい通うものなのですか?

1回でよくなる場合もありますが、相談の内容や目的によっても違いますのでお答えすることは難しいです。一般的には、7~8回前後で終了する方が多いと言われています。

カウンセリングって、どんな時に受けるものなのですか?

あなたが、その悩みからなかなか離れることができないとき、カウンセリングを受けてみると良いかもしれません。「私の悩みなんてつまらないこと・・・」とか、「こんなことで悩んでいるなんて恥ずかしい・・・」などと言われる方がたくさんいらっしゃいます。でも、他人と比較するようなことではありません。あなたの悩みは、あなたにとって、世界の中で一番大切な悩みなのだと思います。

セッションを受けたいのですが、どうすればよいですか?

個人セッション、体験ワークショップともに「申し込みフォーム」からお申し込み下さい。

そちらにお願いすると必ず悩みは解決するのですか?

もちろん人それぞれ事情や状況は異なりますので、必ず「問題が解決する」とお約束することはできません。しかし、NPO日本心理療法士協会は長年の経験と実績を有し、多くに心の癒しをご提供してきました。ですから、あなたの心も癒して差し上げることでご自身が抱えていらっしゃる問題の解決への光明を見出すことができると確信しています。

興味はあるのですが、こういうのを受けたことがないので不安なのですが・・・

最初は皆さん不安を感じていらっしゃる場合が多いようですが、大丈夫です。そのような方のために4~10名くらいで行なう体験ワークショップを開催しています。いきなり個人でのセッションが不安な方は体験ワークショップからお受けになることをお薦めします。

▲ページトップへ