ホーム > 心理カウンセリングについて > カウンセリングと心理療法

カウンセリングと心理療法について

カウンセリングとは、悩みやストレスを抱える人に対する心理的援助活動です。
一般的なカウンセリングでは、クライエント(カウンセリングを受ける人)がカウンセラーに、心の中に浮かんでくる様々な事象を語っていき、気づくことで、自分自身の中にある答えを見つけ出し、なりたい未来へ進むことが出来るようにサポートしていきます。

また、アートセラピー、箱庭療法などの心理療法では、セラピストの見守りの中でクライエントが作品を通して自己表現し、潜在意識下に押し込められた重い欲求や葛藤に光を当てていきます。

現代では、職場でのストレスの増加や、社会の高齢化、核家族化による近所付き合いの減少などの傾向が顕著になり、人々は様々な問題を抱えているにも関わらず、その問題を解消できるようなコミュニティーの存在がなくなりつつあります。

誰かに話を聞いてもらいたいと思っても、身近に安心して相談できるような人が見当たらず、1人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

心理カウンセラー・心理セラピストによるカウンセリングや心理療法は、そんな人たちの支えとなり、皆さんの心豊かな生活をサポートしていきます。


▲ページトップへ